あなたはどのタイプ?特徴別歯ブラシの選び方

より自分に合う歯ブラシの選び方についてのポイントを紹介するサイト

歯磨きの道具の変遷!進化した歯ブラシの歴史

合う歯ブラシとはどんなものなのでしょうか? 歯ブラシの形状やブラシの質など選ぶ要素はさまざまです。 その中から、より自分に合ったものを選ぶことで歯磨きを充実させることができます。 ここでは、たくさんの種類の中からどのようなものを選ぶのが良いのかそれぞれの違いと選ぶ時のポイントについてご紹介します。

自分に合うものを選ぼう!歯ブラシの種類

人が歯磨きをするようになったのはいつ頃なのでしょうか。
日本では平安時代から一般的に歯磨きの習慣が存在していたことを示す文献が見つかっており、当時は木の枝や楊枝で行うのが普通であったと言われています。
最初は上流階級の中で拡がり、その後庶民の中にも普及しました。
木や竹の端くれを用いて、先端の繊維をばらしほうき状にしたものなど、当時あるもので工夫して行われていました。
それより以前はというと、指で歯の表面をこすってすすぐなど道具を使わないケアの仕方だったようです。
今でこそ当たり前の毎日の習慣となっている歯磨きですが、このように昔から口腔内を清潔に保ち、また健康を維持する上で歯磨きの重要性に注目されていたということですね。
日本以外の国においても、大昔だと塩や砂、他にはミントの葉やコショウなどをペースト代わりにして歯を磨いていたようです。
この他にも驚くような物を歯磨きに利用していた記録が残っていますが、古くから歯の状態について気を配るよう考えていた人が居たことがうかがえます。
砂などは今では考えられませんが、歯の表面の汚れを落とすという目的行為は昔からあったのですね。
現代では、日本においても歯科の需要性に対する意識が高まっている傾向があり、さまざまな歯の健康に関するグッズが商品化されていますし、歯科医院へ行く目的もより多様化してきています。
日本は口腔ケアにおいては先進国とは言えない現状ですが、こうした意識の高まりによって徐々に今後も改善していくことが見込まれます。

いつもの歯磨きにプラスワン!

歯磨きというと歯ブラシと歯磨き粉がセットで使われることが多いものですが、歯磨きの道具は他にもあります。 ここでは、歯ブラシ以外で歯のケアに使えるグッズについて特徴や使い方をご紹介します。 合いそうなものがあれば毎日の歯磨きにプラスしても良いでしょう。

歯磨きは全身の健康につながる!

歯磨きは歯のためのものという認識を持っている人もいるでしょう。 また、虫歯になった時や何か不調が出た時に歯科医院へ行くというイメージの強い人は多いです。 しかし、歯の健康は口腔内だけでなく全身の健康に繋がります。 ここでは、全体的な健康に関係する歯磨きの大切さについてご紹介します。